×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



家計簿をつける

  うーむ(笑)

  どんな節約に関する本、ホームページにも書いてありますが、家計簿をつけること。

  僕自身も非常に面倒くさいと感じていますが、これは必要ですよね。

  家計簿のつけ方はいろいろあると思いますが、

  今までまったく家計簿をつけたことにない方は、市販のおこづかい帳を買ってとにかく
  
  つけてみることから始めてみてください。

  
  家計簿の目的は、

  1.何にお金を使ったかを把握する。

  2.使うお金を予測する。(予算をたてることができる)

  3.無駄な出費をしないようにする


  おおざっぱにいってこんなことですが、家計簿をつけるのにあまり神経をつかう必要は

  ありません。目的が達成できればいいのです。

  私の場合は、給料日から次の給料日の前日までを大体1ページとして使います。

  ページの最上部には○月○日 残高○○円(おこづかいの金額)
  
  を書き、使うたびにお金が減っていき、最終日(ページ最下部)にお金があまれば貯金し、

  赤字であれば、原因の把握と反省をしています。

  そして翌月はまた残高○○円からはじめます。(前月が赤字で終わっても

  その分を差し引いた金額で始めません。差し引くとどんどんつらくなりますよ)

  (2006年12月22日)



戻る
戻る